ジェネリック医薬品とは/あがり症や狭心症などにはインデラル・ジェネリックを使いましょう!

あがり症や狭心症などにはインデラル・ジェネリックを使いましょう!

ジェネリック医薬品とは

青と黄色のカプセル

インデラル・ジェネリックはインデラルのジェネリック医薬品です。元あるお薬と同等の効能を得られて、安価で手に入るというのがジェネリック医薬品なのですが。安いと何だか心配になると素直に喜べない人もいるでしょう。その不安を取るにはジェネリック医薬品の仕組みについて知っておく必要があるでしょう。

お薬の形態には新薬とジェネリック医薬品というのがあります。まず新薬は、前例も無いところからのスタートですので、時間もかかりますし費用もかかります。その期間はなんと9年から17年、子供が大人になるほどです。費用も500億円ともいわれています。これに対して後発医薬品では新薬の前例があるため、、3年と1億円で発売することが出来ます。そのため発売の値段も落とすことが出来るのです。これこそジェネリック医薬品が安い理由なのです。もちろん審査を受けることにより、本家のお薬と変らない効き目と判断されたものだけが販売出来るという仕組みになっていますので、効果は保証されているのです。
その値段の違いはお薬にもよりけりなのですが、相場としてはおよそ半額以下。日常的に飲み続けてないといけないようなお薬を利用している人にとっては嬉しいところですよね。

また、ジェネリック医薬品のメリットは安くて同じだけではありません。有効成分が同じであれば、形や味を変えて良いということになっています。たとえば元のお薬が苦いというなら甘く出来ますし、大きすぎて飲み込めないというのなら小さくすることだって可能なのです。これにより小さな子供も年配の方にも優しいお薬とも言えますね。