不整脈を意識しよう/あがり症や狭心症などにはインデラル・ジェネリックを使いましょう!

あがり症や狭心症などにはインデラル・ジェネリックを使いましょう!

不整脈を意識しよう

透明で黄色い薬

みなさんは不整脈についてどういった印象を持っておられますか?なんとなくコワイものとして認識している人もいるかもしれません。たとえば機械を正しく使えば怖くはないように、不整脈についても正しく知ることで、無駄な怖さはなくなるでしょう。正しく怖がるようにしていきましょう。

さて、不整脈というのは脈の打ち方がおかしくなることをいいます。これには遅くなるとか早くなるという症状も含みます。そもそも脈というのは、心臓から押し出される血液の振動が伝わって感じられるものです。なので、それがおかしくなっているということは、心臓のリズムが何かしらおかしくなっているということになります。では心臓が悪いから不整脈なのー?と思えますが、実際にはそういうことではありません。じつは不整脈で最も多い原因は年齢や体調など、心臓とは無関係のものだったりします。もっというならストレス、睡眠不足、疲労などでも不整脈は起こります。そういう意味では、だれにでも起こりうるものだと言えるでしょう。そしてそういったものは過度に怖がるほどではありません。

ではどういった不整脈がやばいやつなのかというと、何もしていないのにふらっとするとか急に意識がなくなるといったものです。これは一時的に心臓が止まっているか、または極端な頻脈が起こっているという可能性があります。
また、脈拍数が1分間40以下で、体を動かすと強い息切れを感じるというもの。心不全になっている可能性があります。

インデラル・ジェネリックがあればそんな不整脈も整えることが出来るのです。