服用について/あがり症や狭心症などにはインデラル・ジェネリックを使いましょう!

あがり症や狭心症などにはインデラル・ジェネリックを使いましょう!

服用について

薬を取り出す手

お薬というのは何でもそうですが、服用方法というのがありますよね。正しく飲まないと効果が半減してしまったり、最悪全く効果を得られなかったりすることもあります。そういったことのないように、正しい服用方法を知っておきましょう。とくに個人輸入サイトを使って手に入れる場合医療機関を通さないため、処方箋がありません。なのでいつどのタイミングで飲んだらいいのかというのがわからないということも。インデラル・ジェネリックについてここでは紹介しておくので、参考にしてみてください。

インデラル・ジェネリックは1回20mg〜60mgを水かお湯で服用します。最初は1日1〜3回20mg〜30mgから服用を開始して、効果が無いなーと思ったら徐々に増やしていくという感じで使って行くようにしましょう。ただし1日に60mgを超えないよう注意すること。
副作用としてめまいやだるさというものの他、手足の冷え、眠気、目の乾きなどの報告もあります。副作用としては全然収まらないなと感じたら医師に相談するようにしましょう。

妊娠中の方はもちろん、心不全、重度の心臓病、異型狭心症、低血圧、重い末梢循環障害の方は使用はしないようにします。

もちろん自分自身でも服用方法について改めて調べるようにもしましょう。お薬ですので万全を期すのに越したことはないのです。