あがり症を治す/あがり症や狭心症などにはインデラル・ジェネリックを使いましょう!

あがり症や狭心症などにはインデラル・ジェネリックを使いましょう!

あがり症を治す

カラフルな薬

今日は朝から朝礼で、みんなの前に出てスピーチしないといけない。次の会議では俺がプレゼンしないといけない…なんてこともあると思います。これらはいわゆるあがり症という症状といいます。またの名を対人恐怖症ともいうものです。
具体的には、人前に出たときに動悸が激しくなる、手足が震える、全身から汗が出る(出ているように感じる)、口の中が渇く、頭が真っ白になる、トイレが近くなる、息苦しさを感じて冷静ではいられなくなる、赤面する、声が上ずったりしてうまく話せなくなる…といった症状のことです。

これは、過去の失敗した経験から緊張や不安を覚えることで、逃げたくなり練習などを怠る、自信が無くなるので不安な予想の方が高まってしまう。よって身体が硬直し本番で失敗してますます苦手意識が強まるというもの。こういった負のスパイラルが繰り返されているといいます。動悸や発汗、震え、赤面などが起るのは、つまりは心拍数や体温、血圧が急上昇するためです。
そこを抑えることが出来れば落ち着くことが出来て、幾分かマシになります。インデラル・ジェネリックにはこのような症状にも対応しているので、ぜひ利用してみたいところ。
人前のスピーチやプレゼンは絶対失敗できない!というのもあるでしょうが、気負うのではなくまずはお薬で落ち着いて失敗しない経験を積むことも大切です。